子供のメガネを購入するとき失敗したくないお母さんへ

失敗したお母さん

「子供のメガネを購入するとき失敗したくない」

「子供にとって始めての眼鏡だから心配…」

メガネ屋さんにいくと色々なフレームがあり、価格もバラバラ、レンズもどれを選んだらいいのかわからない。子供に値段の安い激安眼鏡を買って失敗したくない。

そんなお母さんのために、わたしが子供の頃にメガネを買って失敗した体験談を元に選び方を解説します^^

金属製のフレームがオススメ

眼鏡が2つ

眼鏡には大きく分けると金属製・プラスチック製フレームの2タイプがあります☆

デザインのカッコよさでいうとプラスチック製なのですが、かけ心地が悪くて、重たいことが多いです。また鼻当てがフレームと一体化してるのでズレやすいです。

なので小学生の息子さんにメガネを買うならメタルフレームの方がオススメです☆

プラスチック製フレームも何度か買ったことがありますが、重たいので金属製フレームの方がかけ心地は良いですね~

レンズは大きい方が視野が広くて見やすい

メガネのフレーム

眼鏡はフレームによってレンズの大きさが変わります。

レンズが大きい方が視野が広くなるので見やすくなりますが、大きすぎると年をとって見えます。なので20代の男性は細身のフレームを選ぶことが多いですね(;’∀’)

デザイン性を重視するならレンズが小さい方が良いのですが、そのぶん視野は狭くなります。なので小学生の子供がかけるならレンズが大きめの方が良いです。

高校生・大学生になると、異性を強く意識するので見え方よりもオシャレを重視しますが、小学生の子供は外で遊んだり、スポーツでも使うので視野は広い方がいいです(*´▽`*)

レンズが裸のメガネ

レンズの周りにフレームがあるタイプ、レンズのみでフレームがないモノがあります。

上の画像のようなメガネは、上はフレームで守られてますが、下側はむき出し状態なので衝撃に弱くなります。

小学生の子供は外で遊んだり、サッカー・野球・ドッチボールなどのスポーツでも使うため、レンズをグルッと1周フレームで囲ってるタイプがオススメです。

形状記憶メガネもある

形状記憶メガネ

ここまでの話をまとめますと、デザイン性よりも実用性を重視してメガネは購入した方が良いということになります♪

子供用の眼鏡の場合は、壊れにくく・軽いモノを選ぶのが基本となりますので(オシャレに気を使うようになるまでは実用性重視でOKです)

 

壊れにくいという意味では、フレームを曲げても形が戻る「形状記憶メガネ」もオススメとなります☆

テレビCMでグニャグニャ曲げてるのを見たことがあるかもしれませんが、形状記憶合金を使ったフレームのメガネなら、少しくらい曲げても元に戻るので安心して使えます^^

ただどんな衝撃にも耐えれると言うわけではなく、あまりにも強い力が加わると元に戻らなかったり、ズレてしまうことがあるので注意しましょう~

傷防止コーティング加工はあったほうがいい

壊れたメガネ

メガネ屋さんでフレームを決めると、レンズの薄さ・コーティングの話になります。

レンズを薄くすればするほど価格が上乗せされますが、小学生の子供の場合そこまで度が強くないのでデフォルトのままでも大丈夫です☆

 

コーティングは傷防止・まぶしさ軽減・ブルーライトカットなどがありますが、キズ防止はあった方がいいように感じます。

なぜならわたしが初めてメガネを作ったとき、何度も拭いてるうちにレンズに傷がたくさん入ってしまったからです。

  • メガネ拭きしか使わない
  • 泥や砂がついたときは水で洗い流してからふく
  • 眼鏡をかけないときは常にケースに入れる

上の3つを守るように眼鏡屋さんにも言われますが、当時、小学生だったわたしは守ることが出来ませんでした(;’∀’)

メガネを拭く物がないとき、タオル・ハンカチ・ティッシュでふくとレンズに傷が入ってしまうんですよね…でも四六時中、メガネ拭きを携帯するわけにもいかないですし。

そう考えると傷防止コーティングはあった方がいいです(メガネ屋さんにもよりますが、プラス数千円で出来ます)

まとめ

子供のメガネを購入するとき失敗しない選び方をまとめます。

  • 金属製フレームがオススメ
  • レンズが大きい方が視野が広い
  • フレームがレンズを囲ってる方がいい
  • デザイン性より実用性重視で選ぶべし
  • 傷防止コーティングはあった方がいい

金属製・プラスチック製フレームの2タイプがありますが、メタルフレームの方が耐久性が高く・軽いのでオススメです^^

またレンズが大きい方が視野が広いですし、フレームがレンズをグルッと1周囲ってる方が壊れにくいのでいいですね~

小学生の子供用メガネはデザイン性より、実用性重視で購入した方がいいです(色気づいてきたら子供の方からNGを出すと思います)

また傷防止コーティングはあった方が長く使えます。購入したときに子供にアレコレ言っても、100%守ることは難しいので、だったら最初から傷防止をつけてた方がいいです☆

こちらもチェック⇒子供の眼鏡の値段はいくら?

子どもの視力を回復させたいお母さん限定!

我が子が学校の視力検査でD判定を受けた…まだ小さいのにメガネなんてかわいそう。そんな悩みを持つママさんだけ読んでください。

小学の視力測定でC判定を受けた小1の息子も、アイトレーニングコンプリートキットのおかげでA判定になりました!

田中謹也アイトレーニングコンプリートキット

ここだけの話ですがマニュアルを買う前は「怪しい…」、「本当に効果があるの?」と思いました。

しかし勇気を出してアイトレーニングキットを購入した結果、子どもの目は良くなり、視力測定でA判定になりました(*´▽`*)

180日間の返金保証もあったので、安心感があったと言うのもあります。


お子さん視力が回復すれば小学校で「やーい、メガネ!」とからかわれたり、プールで歩けないほど不便な状態になったり、サッカーのボールが当たって眼鏡が壊れることもなくなります。

また重度近視(0.1以下)だと、網膜はく離・緑内障になりやすく、失明の恐れがあります。


遠近ストレッチ・アイストレッチ・ブロックストリングでのトレーニングを続けるだけで、お子さんの視力がグーンとアップ!

視力回復センターに通う費用もかかりませんし、レーシック手術をするための高額な費用もかかりません。毎年メガネを買い替えたり、コンタクトレンズを買う必要もなくなります。

くわしくは公式サイトに書かれてますので、目の悪いお子さんがいるお母さんはチェックしてくださいね♪

⇒アイトレーニングの口コミはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ