田中謹也アイトレーニングのデメリット

アイトレーニング田中謹也

「田中謹也アイトレーニングキットのデメリットが知りたい!」

田中謹也さんのアイトレーニングコンプリートキットは、うちの息子には効果があったのですが、購入前はぶっちゃけ怪しいと思ってました(;^ω^)

「欲しいけど効果があるか心配…」と悩んでるお母さんにとっては、メリットだけじゃなくデメリットも知りたいと思いますので、今回は短所を暴露させていただきます☆

価格が高い

お金がなくて悩む女性

視力回復の本は1000~1500円くらいなので、田中謹也アイトレーニングコンプリートキットは価格が高いと感じるはずです。

正直なところ価格が一番ネックになるのではないでしょうか?

小学生のお子さんがいる家庭の場合、食費・習い事・学校で使う道具などなど、いろいろとお金がかかるんですよね。

 

でも田中謹也のアイトレーニングキットは、メガネを購入するよりは安いですし、眼鏡・コンタクトレンズのように定期的に買い替える必要もないので、長い目でみるとコスパがよくなります^^

視力回復の本、マジカルアイで子供の視力が良くなるなら安上がりなんですが、世の中そんなに甘くないんですよね…

マニュアルのボリュームが少ない

書籍よりも高いにも関わらず、マニュアルのボリュームは少ないです。

わたしが2017年に購入したときは全部で「81ページ」しかありませんでした(;^ω^)

届いたマニュアルを開いたとき、「えっ!?」と思ったのは私だけではないはずです。

 

なぜこんなにページ数が少ないのかといいますと、細かいウンチクがほとんど書かれておらず、具体的な視力回復がメインだからです☆

視力回復の本を読んだことがある人はわかると思いますが、目の構造・目に関する間違った常識・メガネやコンタクトレンズが目に悪い理由などなど、ウンチクが多いんですよね(;’∀’)

田中謹也さんのアイトレーニングコンプリートキットは、細かいウンチクは少な目で、視力回復方法にフォーカスしてるのでページ数が少ないわけです。

マニュアルの口コミについては「田中謹也のアイトレーニングコンプリートキットの口コミ」を読んでくださいね♪

立ち読みすることが出来ない

悩む女性

視力回復の書籍の場合、本屋さんで立ち読みをしてから購入することができます。

しかし田中謹也さんのアイトレーニングは、本屋さんでは売られていませんので、立ち読みをして中身を確認することができません。

ネット購入&中身が見れない&価格が高いことから、「だまされるのではないか?」という気持ちになるんですよ(-_-;)

息子の視力が回復したいまとなっては、効果があることがわかってるので何とも思いませんが、当時は期待と不安でドキドキしたのを覚えてます。

 

そんなわたしが勇気を出して購入できた理由は「返金保証」があったからです。

「効果がなかったとしても最悪、返金保証を使えば…」と思って購入するママさんは私だけではないはずです☆

くわしくは「田中謹也の視力回復マニュアルには返金保証がある」で書いてます^^

大人には効果がない可能性が高い

医者

大人の場合、近視が進みすぎてるため視力が回復しない可能性が高いです。

公式サイトをみたら子供向けと言うことがわかると思いますが、間違って大人用に購入すると「目が良くならなかった!」とクレームを入れることになります(;^ω^)

 

田中謹也さんのアイトレーニングのおかげで、うちの子どもは小学生の視力測定でC判定(0.3~0.6)から、1ヶ月でA判定(1.0以上)になりました。

マニュアルのおかげと言うのもあると思いますが、若さのおかげと言うのもあると思います。

ほら、子供は骨折しても回復が早いし、キレイに治るじゃないですか? でも中高生が骨折すると回復が遅いし、後遺症が残ることが多いです。

コレと同じで、視力回復も小学生の子供なら効果が出るのが早いけど、大人の場合は目が良くなるかビミョーってわけです。

なので大人用としては購入しないことをオススメします。あくまでもお子さん用のマニュアルとなりますので☆

親のサポートが必要

うちの子供は小学1年生だったと言うのもありますが、お子さんが小さい場合、一人でトレーニングをこなすのは難しくなります。

わたしはブロックストリングをやるときは、「信号と同じ色だね。まずは赤、次は黄、最後に緑を見ようか」という感じで、説明をしながら一緒にトレーニングをしました。

小学生低学年のお子さんには、読むのが難しい漢字もありますので、テキストだけ渡して「コレをやれば目が良くなるからやっといて」という感じで、丸投げしても小さな子供だとできないと思います(;^ω^)

 

なので子供の二人三脚で取り組むつもりで購入してください。

もしあなたが育児放棄・ネグレクト、車に子供を放置して長時間パチンコにいくような母親だった場合、子供と一緒に取り組むのは難しくなりますので購入しないことをオススメします☆

効果が出るまでに時間がかかる

ばってんする子供

公式サイトの口コミをみると、田中謹也さんのアイトレーニングコンプリートキットを実践して、数日後に視力が回復したケースも書かれています。

ただうちの息子の場合、C判定だった視力が1.0に戻るまでに1ヶ月かかりました。

1~2週間で結果がでる、魔法のメソッドではありませんので、最低でも1~2ヶ月、できたら3ヶ月以上は続けるつもりで購入して欲しいです。

 

特にお子さんの視力が悪ければ悪いほど、具体的にいうと小学生の視力測定でD判定(0.3未満)の場合、視力回復までに時間がかかると思った方がいいです。

ただD→C判定に戻すだけなら、1.0に回復させるよりも短い時間で、視力回復ができる可能性があります(*´▽`*)

まとめ

視力回復して喜ぶ子供

田中謹也さんのアイトレーニングコンプリートキットに限らず、世の中にはカンペキな物はないので、メリット・デメリットがあります。

もしお子さんの視力を回復させたいと思うなら、先ほど書いたデメリットを踏まえた上で判断してください。

 

わたしはアレコレ考えた末、マニュアルを購入して、子供の目を良くすることができました。

購入するまで「怪しい」、「不安」という気持ちはありましたし、子供とトレーニングをやってて「本当に効果があるのだろうか?」と思うこともありました。

でも他に手がなかった。だから勇気をだして購入してみた。なぜなら小学生の子供にメガネをかけさせたくなかったから。

わたしは小学生のころから眼鏡をかけてたので、眼鏡のデメリットは痛いほどわかってますし、嫌な思いをすることもありました。だから子供に同じ想いをさせたくなかったんです。

 

デメリットを知った上で、それでも気になるなら公式サイトをみて見ましょう☆

アイトレーニングコンプリートキットのボタン

子どもの視力を回復させたいお母さん限定!

我が子が学校の視力検査でD判定を受けた…まだ小さいのにメガネなんてかわいそう。そんな悩みを持つママさんだけ読んでください。

小学の視力測定でC判定を受けた小1の息子も、アイトレーニングコンプリートキットのおかげでA判定になりました!

田中謹也アイトレーニングコンプリートキット

ここだけの話ですがマニュアルを買う前は「怪しい…」、「本当に効果があるの?」と思いました。

しかし勇気を出してアイトレーニングキットを購入した結果、子どもの目は良くなり、視力測定でA判定になりました(*´▽`*)

180日間の返金保証もあったので、安心感があったと言うのもあります。


お子さん視力が回復すれば小学校で「やーい、メガネ!」とからかわれたり、プールで歩けないほど不便な状態になったり、サッカーのボールが当たって眼鏡が壊れることもなくなります。

また重度近視(0.1以下)だと、網膜はく離・緑内障になりやすく、失明の恐れがあります。


遠近ストレッチ・アイストレッチ・ブロックストリングでのトレーニングを続けるだけで、お子さんの視力がグーンとアップ!

視力回復センターに通う費用もかかりませんし、レーシック手術をするための高額な費用もかかりません。毎年メガネを買い替えたり、コンタクトレンズを買う必要もなくなります。

くわしくは公式サイトに書かれてますので、目の悪いお子さんがいるお母さんはチェックしてくださいね♪

⇒アイトレーニングの口コミはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ