テレビの距離が近いと子供の目が悪くなる、どのくらい離れてみる?

テレビを近くで見る子供

「テレビとの距離が近いと目が悪くなるらしいけど、どのくらい離れてみたらいいの?」

「テレビがついてると子供が動かないし、話しかけても返事をしなくなるのがイヤ」

 

子育てをする上で強い味方になるテレビですが、あまり見させすぎると目が悪くなりますし、脳にも悪影響が出ると言われます。

わたしたちが子供のころにもTVはありましたが、DVD・スマホ・youtubeなどはなかったので、夕方~夜のアニメ・教育テレビくらいしか見るものがありませんでした。

しかし現代はHDDレコーダーがあるので簡単に録画できますし、好きな番組を何度も繰り返しみることができます☆

 

うちの子どもは保育園の年長さんのころには、自分でHDDレコーダーを起動させて、自分の好きな番組(仮面ライダー、カーズ、アンパンマンなど)を見てましたので(;^ω^)

そこで今回はテレビと子供の視力の関係について解説します。それではさっそくみていきましょう♪

テレビからどのくらい離れてみるべき?

テレビのサイズによって画面から離れてみる距離は変わってきます☆


画面サイズ 視聴距離
19インチ 0.7m
26インチ 1m
32インチ 1.2m
37インチ 1.4m
42インチ 1.6m
50インチ 1.9m
60インチ 2.2m
70インチ 2.4m

6~8畳の部屋の場合は42V型が良いと言われており、うちの家では37インチの液晶テレビをリビングに置いてます☆

なので1.4mは離れてみないといけない計算になりますが、注意しないとテレビの目の前に子供が座ってみてることがありますね(;’∀’)

子供はテレビに夢中になると近づいてみようとするので、家事をしつつも子供をチラッとみて、距離が近い場合は注意をするようにしましょう。

見る時間を制限する

テレビを見る子供

子供が小さいときはTVを見せないという親もいますが、うちではふつうに見せてましたし、2歳になるころには自分でスマホをいじって動画も見てました(;^ω^)

テレビを消灯させたいなら画面に布をかける・コンセントを抜くという方法もありますが、それでも子供は見たいと言ってきます。

 

夕方に晩ごはんの支度をするときは仕方なくテレビを見せる。

共働きで子供が一人で帰ってきたときは、シーンとしてる部屋が怖いからテレビをつけるという子供もいますので、テレビをまったく見ない方が難しいと感じます。

ただテレビを見ないことで外で遊ぶ時間が増えたり、工作・お絵描きの時間が増えたり、家族とのコミュニケーションも増えます。

テレビは視力低下の原因にもなるので、少しでも視聴時間を減らす努力をしましょう。お母さんが制限しないと、子供はいくらでも見ようとしますので(;^ω^)

遠くを見せるようにする

目の断面図

近くのモノばかり見てると毛様体筋(もうようたいきん)という、ピント調整をするための筋肉が緊張しっぱなしになります。

その状態をずっと続けてると、仮性近視といって遠くのモノが見ずらい状態になりますので、遠くをみせるようにしたり遠近トレーニングをやらせるようにしましょう。

 

遠近トレーニングとは近く・遠くを交互にみることで、毛様体筋を鍛えつつ緊張をほぐす方法になります。

遠くの景色を30分くらい見る方法もありますが、コレだと時間がかかりますし、子供が嫌がってやってくれないので遠近トレーニング法の方がいいです。

くわしくは「視力回復の遠近トレーニング法の効果は?」で書いてますので読んでくださいね☆

まとめ

テレビの距離が近いと子供の目が悪くなるので、どのくらい離れてみるべきかについてまとめます。

  • テレビを近くでみると目が悪くなる
  • 見る時間を減らす努力をする
  • 画面サイズによって離れる距離は変わる
  • 遠近トレーニングを取り入れて

テレビを近くでみると目が悪くなるのであまり見せない方がいいです。

TVにかぎらずスマホ・パソコン・読書も良くないのですが、テレビを見さすと大人しくなるので、家事をするお母さんとしては「100%見させない」というのは難しくなります。

子供がテレビを見る時間を減らす努力をしつつ、どうしても必要なときはテレビを上手く活用して、家事をスムーズに進めていきましょう^^

 

テレビから離れてみる距離ですが、リビングに置くサイズ(32~50インチ)の場合は1.2~1.9mとなります。

子供は番組に夢中になるとテレビ画面に近づいてしまうので、家事の合間にチラッとみて、近すぎると思ったら注意するようにしましょう。

ただテレビを見る時間を減らしたり、離れてみるようにしても視力回復はしませんので、視力回復トレーニングを取り入れていくことをオススメします^^

子どもの視力を回復させたいお母さん限定!

我が子が学校の視力検査でD判定を受けた…まだ小さいのにメガネなんてかわいそう。そんな悩みを持つママさんだけ読んでください。

小学の視力測定でC判定を受けた小1の息子も、アイトレーニングコンプリートキットのおかげでA判定になりました!

田中謹也アイトレーニングコンプリートキット

ここだけの話ですがマニュアルを買う前は「怪しい…」、「本当に効果があるの?」と思いました。

しかし勇気を出してアイトレーニングキットを購入した結果、子どもの目は良くなり、視力測定でA判定になりました(*´▽`*)

180日間の返金保証もあったので、安心感があったと言うのもあります。


お子さん視力が回復すれば小学校で「やーい、メガネ!」とからかわれたり、プールで歩けないほど不便な状態になったり、サッカーのボールが当たって眼鏡が壊れることもなくなります。

また重度近視(0.1以下)だと、網膜はく離・緑内障になりやすく、失明の恐れがあります。


遠近ストレッチ・アイストレッチ・ブロックストリングでのトレーニングを続けるだけで、お子さんの視力がグーンとアップ!

視力回復センターに通う費用もかかりませんし、レーシック手術をするための高額な費用もかかりません。毎年メガネを買い替えたり、コンタクトレンズを買う必要もなくなります。

くわしくは公式サイトに書かれてますので、目の悪いお子さんがいるお母さんはチェックしてくださいね♪

⇒アイトレーニングの口コミはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ