眼科のワックは子供の視力回復に効果があるの?

ワックをする子供

小学校の視力測定で引っかかったので眼科にいったら、ワックをやりつつ、目薬を点眼して様子をみるように言われた。

眼科にいくと医者に目薬(ミドリンM、サンドール)を処方され、ワックをするように言われる子供はヒジョーに多いのですが、効果がなかったというママさんが多いです。

眼科にいっても視力回復せず、最終的にメガネをするように言われる。そして1~2年に1回、眼鏡を買い替えるたびに近視が進むと言うのはあるあるです(;^ω^)

そこで今回はお子さんの目が悪くなって困ってるお母さんのために、ワックについて解説していきます(*´▽`*)

そもそもワックってなに?

はてなとお母さん

ワックはのぞくだけで目の緊張をやわらげる装置です。5分間みるだけで、遠くを長時間みたのと同じような効果があるといわれます。

だったらわざわざ眼科にいって、長い時間待って、お金を払ってワックをやらなくても、自宅の外を見ればよいように感じます(;^ω^)

 

そう言えばわたしが子供だったころ「ゲームをやったら30分は遠くをみよう」と言われてました。

近くのモノばかりみるとピントを合わせるための目の筋肉(毛様体筋)が緊張します。なので目の緊張をやわらげるために遠くを見ようと言われるわけです。

ちなみに眼科でもらえる目薬(ミドリンM、サンドール)も同じように、目の緊張をとる効果があります☆

くわしくは「子供の視力はミドリンMで回復する?」で書いてます。

 

生活習慣を変えないと視力は回復しない

スマホを見る子供

スマホ・テレビ・パソコン・読書・ゲームなどなど、近くのモノばかりを見てるとどうしても目の緊張が緊張してきます☆

眼科の先生から処方された目薬をさして、たま~にワックをやりに行くくらいでは、マイナスを減らすことはできてもプラスにすることはできません。

その結果、しばらく様子をみても視力が回復しないため、医者の先生に「目が良くならないのでメガネにしましょうか。処方箋を出すのでお店に行ってください」と言われるわけです(;^ω^)

なので眼科で様子をみても目が良くならなかった。目薬やワックをやったけど効果がなかったというママさんが多いんです。

 う

生活習慣を改善して、近くのモノを見ないようにすればワック・ミドリンMでも視力が回復する可能性があります☆

ただいまのご時世、近くのモノを見ないようにして生活する方が難しいのではないでしょうか?

視力回復トレーニングをやるべき

眼球運動をする子供

先ほど書いたように眼科で処方される目薬(ミドリンM・サンドール)、ワックはマイナスを減らすことはできますが、プラスにはできません。

なので視力回復トレーニング(眼球運動・遠近トレーニング法)をやって、下がった視力をプラスに持っていきましょう!

 

ちなみに眼球運動は上下・左右・斜めに眼球を動かすことで、目の周りの筋肉(外眼筋)を鍛えるトレーニングをいいます。

調子に乗ってやりすぎると目が痛くなるので最初は往復10回ずつからスタートし、素早く動かさずゆっくりと目を動かすようにしましょう☆

遠近トレーニング

遠近トレーニングは近く・遠くを繰り返しみることによって、ピント調整のための筋肉(毛様体筋)を鍛える方法です☆

これも眼球運動と同じでやりすぎると目が痛くなるので、最初は1日1分からスタートして、慣れてきたら2、3分と時間を伸ばしていきましょう^^

まとめ

眼科のワックは子供の視力回復に効果があるのかについてまとめます。

  • ワックは目の緊張をやわらげる器具
  • 5分みるだけで遠くを長時間みたような効果
  • 改善がみられないと眼鏡を勧められる
  • 生活習慣を変えないと視力は良くならない
  • 視力回復トレーニングをやるべき

ワックは目の緊張をやわらげる器具であって、視力回復をするモノではありません。

5分みるだけで遠くを長時間みたような効果が得られると言われますが、ワックでは子供の目は良くならなかったというお母さんが多いです。

眼科で目薬(ミドリンM、ミオピン、サンドール)を処方されて、ワックをしばらく使っても視力が回復しなかった場合、医者の先生は「ダメだこりゃ…」とさじを投げます。

その結果、「視力が戻らないのでメガネを作りましょうか」と言われ、子供に眼鏡デビューをさせることになるんです(;^ω^)

 

眼科でもらえる目薬・ワックを使い様子をみたところで、根本的な原因である生活習慣を変えないと近視は進む一方です。

スマホ・テレビ・パソコン・読書・ゲーム・勉強などなど、近くのモノを見ないようにするのは現実的には難しいので、視力回復トレーニングをやることをお勧めします☆

ちなみにわたしの息子(小学生1年)は、視力検査でC判定をうけましたが、アイトレーニングコンプリートキットのおかげでA判定まで回復しました(*´▽`*)

子どもの視力を回復させたいお母さん限定!

我が子が学校の視力検査でD判定を受けた…まだ小さいのにメガネなんてかわいそう。そんな悩みを持つママさんだけ読んでください。

小学の視力測定でC判定を受けた小1の息子も、アイトレーニングコンプリートキットのおかげでA判定になりました!

田中謹也アイトレーニングコンプリートキット

ここだけの話ですがマニュアルを買う前は「怪しい…」、「本当に効果があるの?」と思いました。

しかし勇気を出してアイトレーニングキットを購入した結果、子どもの目は良くなり、視力測定でA判定になりました(*´▽`*)

180日間の返金保証もあったので、安心感があったと言うのもあります。


お子さん視力が回復すれば小学校で「やーい、メガネ!」とからかわれたり、プールで歩けないほど不便な状態になったり、サッカーのボールが当たって眼鏡が壊れることもなくなります。

また重度近視(0.1以下)だと、網膜はく離・緑内障になりやすく、失明の恐れがあります。


遠近ストレッチ・アイストレッチ・ブロックストリングでのトレーニングを続けるだけで、お子さんの視力がグーンとアップ!

視力回復センターに通う費用もかかりませんし、レーシック手術をするための高額な費用もかかりません。毎年メガネを買い替えたり、コンタクトレンズを買う必要もなくなります。

くわしくは公式サイトに書かれてますので、目の悪いお子さんがいるお母さんはチェックしてくださいね♪

⇒アイトレーニングの口コミはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ