ブルーライトは子供の目に悪いし視力低下するのはウソ?

スマホを見る子供

「ブルーライトは子供の目に悪い」

「視力低下の原因になるって言われてるけどホント?」

 

結論を書きますとこの記事を書いてる時点では、ブルーライトは医学的根拠はなく、因果関係は証明されません。

しかし将来的には医学的にも悪影響があることがわかる可能性がありますので、いまのうちから対策をしておきましょう(*´▽`*)

今回はブルーライトはなぜ目に悪いのか? どのような対策をして我が子を守っていくのか解説します☆

ブルーライトってなに?

ブルーライト

ブルーライトは波長が波長が380~495nmの光をいい、この数字が小さいほど紫外線に近くなり、700nm以上を赤外線といいます☆

わたしたちの目の角膜・水晶体は350~800nmの光を通します。つまりブルーライトが網膜までいく光の中で、イチバン紫外線に近いことになるわけです(;^ω^)

 

ちなみにブルーライトはパソコン・スマホ・ゲーム・テレビから出ますが、その中でも特にスマホ・ゲームが多いです☆

さいきんは小学生~中学生の子供でも1人1台スマートフォンを持つ時代です。うちの息子は小1なのでまだ持たせてませんが、いつか買わないとダメでしょうね。

スマホでyoutube、ゲームアプリをやると目が悪くなるし、ブルーライトのダメージも大きいので最悪なんですが、注意しても止めてくれないんですよね(;’∀’)

ブルーライトは目にダメージをあたえる

目をこする子供

ブルーライトを浴び続けると目の疲れ・痛み・網膜へのダメージがあるとされてます。

なぜならブルーライトは角膜・水晶体(すいしょうたい)で吸収されず、ダイレクトに網膜(もうまく)に届くからです。

 

太陽の光を直接見たらダメって子供の頃に教わったと思いますが、コレと同じで紫外線・ブルーライトを見続けると年を取ったときに加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)になります。

加齢黄斑変性症は視界がゆがみ・欠け・ぼやける症状です。自覚症状が出にくく、最悪は失明するする可能性があるコワイ病気です(;^ω^)

 

またブルーライトを浴び続けると睡眠障害(寝付けない・早く目が覚める・寝ても疲れがとれない等)になります。

夜にブルーライトを見ると体内時計が狂うため、寝る前にパソコン・テレビ・スマホ画面を見ない方が良いと言われますが、私自身、寝る直前までスマホをいじりがちです(;^ω^)

パソコン・テレビ・スマホ画面を見なくするのが一番ですが、現時点には難しいというのが本音ではないでしょうか?

3つの対策

  • 画面にフィルムを貼る
  • パソコンソフトを使う
  • ブルーライトカットメガネ

先ほど書いたようにブルーライトは角膜・水晶体のバリアを通り抜けて、網膜にダメージをあたえます。

バリアがないなら作れば良いってことで、パソコン・テレビ・ゲーム・スマホ画面に保護フィルムを貼り、ブルーライトをカットするという方法があります♪

またパソコンソフトでブルーライトを軽減する方法もありますが、一台ずつフィルムを貼ったり、設定する必要があるのでメンドクサイんですよね(;’∀’)

 

さいきん人気なのが、ブルーライトカット機能付きのレンズを使ったメガネです☆

眼鏡屋さんにもよりますがレンズコーティング加工をしても数千円でやってもらえるので、わたしはブルーライトカット眼鏡を利用しています。

この方法ならなにを見てもブルーライトをカットできるので、一台一台フィルムを貼る手間がかからないので楽チンです♪

 

すでにお子さんが眼鏡をかけてるなら、次回買い替えるときはブルーライトカットレンズを選べば良いです。

まだメガネをかけるほど視力が下がってないなら、子供が見る頻度が多い、スマホ・携帯ゲーム機の画面にフィルムを貼りましょう(*´▽`*)

スマートフォンに貼る保護フィルムコーナーに行けば、ブルーライトをカット機能付きのモノが売られてますよ♪

まとめ

ブルーライトは子供の目に悪いし視力低下するかについてまとめます。

  • 医学的根拠はない
  • とくにスマホ・ゲームはブルーライトが多い
  • 目の疲れ・痛みの原因になる
  • カット眼鏡、フィルムがオススメ

ブルーライトは医学的根拠はありませんが、将来的には実証される可能性がありますので、いまのうちから対策しておいた方が安心です。

子供が好きなスマートフォン・ゲーム機は特にブルーライトが多いので注意が必要です。

スマホ・テレビ・スマホ・パソコンは、近くを長時間みるため近視の原因にもなりますので、子供がやりすぎないようにお母さんが注意しましょう。

 

子供が眼鏡をかけてるなら、ブルーライトカットのコーティング加工をしてもらえばOKです。こうすれば何を見るにしてもブルーライトを軽減してくれますので(*´▽`*)

もし眼鏡をかけてないなら、スマホ・携帯ゲーム機のディスプレイに、ブルーライトカット機能付きのフィルムを貼りましょう^^

子供はなにもわからずに見続けますので、お母さんが我が子の目を守ってあげてくださいね♪

子どもの視力を回復させたいお母さん限定!

我が子が学校の視力検査でD判定を受けた…まだ小さいのにメガネなんてかわいそう。そんな悩みを持つママさんだけ読んでください。

小学の視力測定でC判定を受けた小1の息子も、アイトレーニングコンプリートキットのおかげでA判定になりました!

田中謹也アイトレーニングコンプリートキット

ここだけの話ですがマニュアルを買う前は「怪しい…」、「本当に効果があるの?」と思いました。

しかし勇気を出してアイトレーニングキットを購入した結果、子どもの目は良くなり、視力測定でA判定になりました(*´▽`*)

180日間の返金保証もあったので、安心感があったと言うのもあります。


お子さん視力が回復すれば小学校で「やーい、メガネ!」とからかわれたり、プールで歩けないほど不便な状態になったり、サッカーのボールが当たって眼鏡が壊れることもなくなります。

また重度近視(0.1以下)だと、網膜はく離・緑内障になりやすく、失明の恐れがあります。


遠近ストレッチ・アイストレッチ・ブロックストリングでのトレーニングを続けるだけで、お子さんの視力がグーンとアップ!

視力回復センターに通う費用もかかりませんし、レーシック手術をするための高額な費用もかかりません。毎年メガネを買い替えたり、コンタクトレンズを買う必要もなくなります。

くわしくは公式サイトに書かれてますので、目の悪いお子さんがいるお母さんはチェックしてくださいね♪

⇒アイトレーニングの口コミはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ