暗い部屋だと子供は視力低下するの?

寝ながらスマホを見る男性

「暗い部屋でスマホを見てると子供は視力低下するの?」

結論をさきに言いますと部屋が暗いだけでは視力低下はしません。

ただ疲れ目になりやすい+暗くて見ずらいので自然と近づいて見ようとするため、結果として目が悪くなることはあります。

そこで今回は暗い部屋だと子供は視力低下するのかどうかについて解説させていただきます☆

暗い部屋だと疲れ目になりやすい

目をこする子供

暗い部屋でスマホテレビの画面をみると、瞳孔が開いたり、閉じたりを繰り返すので目が疲れやすくなります。

目に入る光を調整するために虹彩(こうさい)が伸び縮みして、瞳孔を大きくしたり、小さくしたりします☆

暗い部屋になるとなにも見えなくなるので、少しでも光を取り込むために瞳孔の大きさを広げようとします(暗い所にしばらくいると見えるようになるのは瞳孔が大きくなるからです)

その状態でテレビ・スマホ・パソコンの画面をみると、周囲は暗いのに画面は明るいため、瞳孔を閉じたり開いたりするんですよ…その結果、目が疲れやすくなります。

 

「そもそも暗い部屋でテレビなんて見ないでしょ」と思うかもしれません☆

しかしわたしの小学生時代の友達は、母親の目を盗んでゲームをやるために、家族が寝静まったあと暗い部屋でゲームをやってると言ってました。

現代はスマホがありますので、小学生のお子さんに自分の部屋を与えてる場合、暗い部屋で寝転がりながらスマホを見てることに母親は気付けないことがあります(;^ω^)

見ずらいため近づいて見ようとする

暗い部屋で読書する子供

暗い部屋で読書・スマホ・テレビをみると、見えにくいため自然と近づいて見ようとします。

近づいた状態でずっと見てると、目のピントが手前にずっと合った状態になるため、毛様体筋(もうようたいきん)というピント調整をする筋肉がずっと緊張することになります

暗い部屋だと視力が低下すると言うよりは、暗くて見ずらいから自然と近づいてみようとする。その結果、子どもの近視が進むと思った方がいいですね(;’∀’)

 

理由はどうであれ、結果として暗い部屋で読書・テレビ・パソコン・ゲームをすると子供は視力が低下します。

なので適度な明るさの部屋で子供には生活をさせるようにしましょう(*´▽`*)

いまどき暗い部屋で生活することがあるの?

暗い部屋で勉強する子供

昔の苦学生はロウソクの灯りで勉強をしてたそうですが、いまどき暗い部屋で生活をさせることってあるのでしょうか?

うちでは暗い部屋で息子を遊ばせることはありませんし、暗いところで子供がテレビ・パソコン・読書をするってシチュエーションも想像できません(;^ω^)

先ほど書いたように母親に隠れてテレビ・パソコン・ゲームをするために、部屋の電気を消してこっそりと見るか、暗い部屋でスマホを見るくらいしかないと思います。

 

小学生になった子供なら、暗い部屋で勉強したり、テレビを見てると目が悪くなることはわかってると思いますが、再確認のためにもう一度、言っておいた方が良さそうですね☆

また暗いところで何かしてるのを見かけたら、電気をつけるように注意した方がいいです。

先ほど書いたように「暗い部屋=視力低下の原因」ではありませんが、結果としては目が悪いなりますので、明るい部屋で生活させた方が目に良いのは間違いありません。

まとめ

暗い部屋だと子供は視力低下するのかについてまとめます♪

  • 部屋が暗いだけでは視力は下がらない
  • 暗いところで明るい画面をみると目が疲れる
  • 見ずらいため自然と近づいてみようとする
  • 結果として暗い部屋だと目が悪くなる
  • 適度な明るさを保った方が良い

部屋が暗いだけでは視力は下がりません。

しかし暗いところでスマホ・テレビ・パソコン・ゲームの画面を見てると、瞳孔が開いたり・閉じたりするので疲れ目になりやすいです。

また暗い部屋で読書・スマホ・テレビを見てると、見ずらいため自然と近づいてみようとします。その結果、毛様体筋が緊張してしまい、子供が仮性近視になることがあります。

暗い部屋だからといって視力が下がるわけではありませんが、結果として子供の視力が下がることはあります。

 

子供にはデスクライトで読書・勉強をさせるのではなく、部屋の蛍光灯をつけて勉強させるようにしましょう。

お子さんの部屋が4.5畳なら蛍光灯20W×3灯、6畳なら20W×4・30W×3となります。白熱灯なら4.5~6畳で60W×4ですね~

お住まいがマイホーム・賃貸住宅のどちらでも、照明器具を取り付けれるところに蛍光灯・白熱灯と付けておけば、暗い部屋にはなりませんので安心してください(*´▽`*)

暗い部屋で子供が読書・スマホ・テレビを見ないように、部屋の照明をつけて生活させるようにしましょう。そうすることで子供の視力低下を防げますので^^

子どもの視力を回復させたいお母さん限定!

我が子が学校の視力検査でD判定を受けた…まだ小さいのにメガネなんてかわいそう。そんな悩みを持つママさんだけ読んでください。

小学の視力測定でC判定を受けた小1の息子も、アイトレーニングコンプリートキットのおかげでA判定になりました!

田中謹也アイトレーニングコンプリートキット

ここだけの話ですがマニュアルを買う前は「怪しい…」、「本当に効果があるの?」と思いました。

しかし勇気を出してアイトレーニングキットを購入した結果、子どもの目は良くなり、視力測定でA判定になりました(*´▽`*)

180日間の返金保証もあったので、安心感があったと言うのもあります。


お子さん視力が回復すれば小学校で「やーい、メガネ!」とからかわれたり、プールで歩けないほど不便な状態になったり、サッカーのボールが当たって眼鏡が壊れることもなくなります。

また重度近視(0.1以下)だと、網膜はく離・緑内障になりやすく、失明の恐れがあります。


遠近ストレッチ・アイストレッチ・ブロックストリングでのトレーニングを続けるだけで、お子さんの視力がグーンとアップ!

視力回復センターに通う費用もかかりませんし、レーシック手術をするための高額な費用もかかりません。毎年メガネを買い替えたり、コンタクトレンズを買う必要もなくなります。

くわしくは公式サイトに書かれてますので、目の悪いお子さんがいるお母さんはチェックしてくださいね♪

⇒アイトレーニングの口コミはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ