オルソケラトロジーで視力回復のメリットとデメリット

オルソケラトロジーをして寝る子供

オルソケラトロジーは世界的には1960年代から行われてきた近視の治療方法です☆

特殊なコンタクトレンズを装着して寝ることで、角膜の形状を変化させて近視・乱視を改善する方法になります。

その人に合わせたオルソケラトロジーレンズを寝てる間にすることで、起きたときの裸眼視力が回復する。なので日常生活をする上でメガネ、コンタクトが不要になるってわけですね~

 

人にもよりますがオルソケラトロジーレンズをつけて寝るようにしてから、1~2週間もすれば効果が出るとされています☆

レンズの使用を中止すると元の視力に戻ります。一度上がった視力がずっとキープできるわけじゃないので注意しましょ~

メリット 手術をしなくて良いのが大きい

医者

レーシック手術、眼内コンタクトと違って手術をしないで良いので、手術ミス・後遺症を心配する必要がないのが大きいですね。

子供にレーシック手術をした場合、万が一のことがあったら先が長いだけに困ったことになります。小学生の時点で失明でもした日にはお先に真っ暗になりますから(;^ω^)

それに将来的に医療技術が進歩することを考えると今やらなくても良いかな~と個人的には感じます☆

手術ミス・後遺症のリスクを考えると、レーシックよりもオルソケラトロジーの方が安心感はありますね。

デメリットもある

ばってんする子供

オルソケラトロジーレンズは20万円以上するため高額になります(この記事を書いてる時点では保険適用外となってるため)

最近は安いレンズも出回るようになってきましたが、安かろう悪かろうの可能性もありますし、目の安全を考えると安物に手を出すのは心配と言うのが本音ではないでしょうか?

小さな子供がいる家庭は出費もかさみますので、正直なところ我が家では厳しいと言うのが本音ですね。よほど家計を切り詰めても無理です(;^ω^)

 

お子さんの角膜の形状によってはオルソケラトロジーでの視力回復はできないことがあります。また角膜異常の場合もムリと言われることがあるので、ダメと言われたら他の方法を検討するしかないですね…

また0.1くらいまでの中度近視の場合は矯正することができますが、わたしのように重度近視になってる場合は、昼間は良いけど夕方には見えずくなることがあります。

あ、ちなみにオサートは近視の改善をするためのモノで、遠視には効果がないので注意してくださいね☆

 

専門家、眼科医の先生によって意見がわかれており、安全性に疑問を唱えてる方もいます。

新しい技術なのでデータも少なく安全とは言えない。衛生面を徹底しないと目の感染症を引き起こす危険性がある。子供が目をこすったときにレンズがズレることがある。

また近視の進行を予防できるという意見がある一方で、オルサーをすることで目が悪くならないという根拠はないという専門家もいます☆

我々は素人なのでどちらの意見が正しいのか分からないと言うのが実情ですね(;’∀’)

まとめ

オルソケラトロジーで視力回復のメリットとデメリットについてまとめます。

  • 目に特殊なレンズを入れて寝ると視力が回復
  • レーシックと違って手術しなくていい
  • 費用が20万円以上と高額
  • 角膜の形状によっては使用できない
  • 強度近視の子供には使えない
  • 安全面に疑問の声もある

オルソケラトロジーレンズを目に入れて睡眠することで、角膜の形状を一時的に変えて視力を回復させることができます♪

効果は一時的なので、レンズの装着を止めると元の視力に戻ります。また重度近視の場合は昼間は良いけど、夕方になると見ずらくなることもあります。

 

費用が20万円以上と高額なのがネックで、人によっては視力が回復しなかったこともあるようです。

金額が金額だけに効果がなかったときのダメージが大きいですね(;’∀’) 効果がない場合は返金してくれるならまだしも、泣き寝入りだったら最悪です…

また角膜の形状によっては使用できないことがありますので、希望する方は使えるかどうか確認をした方が良いですね☆

 

安全面については専門家によって意見が分かれてるようですので、安心・安全だとは思わない方が良いでしょう。

わたしは専門家じゃないので分かりませんが、オルソケラトロジーを売れることで得する眼科医の先生は肯定して、そうじゃない医者は否定するって流れなんじゃないかな~と思います。あくまでも私の推測なので根拠はありませんが(;^ω^)

 

レーシック手術の失敗ほどではありませんが、オルソケラトロジーにもデメリットがありますので、寝たら簡単に視力が回復するとは思わない方が良いです。

大人ならまだしも小学生・中学生の子供からすると、目にレンズを入れて寝るってのは抵抗感が強いでしょうから、嫌がって装着してくれない可能性もありますし(;^ω^)

子どもの視力を回復させたいお母さん限定!

我が子が学校の視力検査でD判定を受けた…まだ小さいのにメガネなんてかわいそう。そんな悩みを持つママさんだけ読んでください。

小学の視力測定でC判定を受けた小1の息子も、アイトレーニングコンプリートキットのおかげでA判定になりました!

田中謹也アイトレーニングコンプリートキット

ここだけの話ですがマニュアルを買う前は「怪しい…」、「本当に効果があるの?」と思いました。

しかし勇気を出してアイトレーニングキットを購入した結果、子どもの目は良くなり、視力測定でA判定になりました(*´▽`*)

180日間の返金保証もあったので、安心感があったと言うのもあります。


お子さん視力が回復すれば小学校で「やーい、メガネ!」とからかわれたり、プールで歩けないほど不便な状態になったり、サッカーのボールが当たって眼鏡が壊れることもなくなります。

また重度近視(0.1以下)だと、網膜はく離・緑内障になりやすく、失明の恐れがあります。


遠近ストレッチ・アイストレッチ・ブロックストリングでのトレーニングを続けるだけで、お子さんの視力がグーンとアップ!

視力回復センターに通う費用もかかりませんし、レーシック手術をするための高額な費用もかかりません。毎年メガネを買い替えたり、コンタクトレンズを買う必要もなくなります。

くわしくは公式サイトに書かれてますので、目の悪いお子さんがいるお母さんはチェックしてくださいね♪

⇒アイトレーニングの口コミはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ