子供の視力回復にピンホールアイマスクは効果があるの?

ピンホールメガネ

「子供の視力はピンホールアイマスク・眼鏡で回復できるの?」

わたしは小学生のときにピンホールアイマスク・眼鏡の両方を試したことがありますが視力は回復しませんでした。

ピンホール眼鏡をかけてテレビを見たり、日常生活をしても目は良くならないので注意しましょう。

ただピンホール眼鏡+トレーニングを組み合わせることで、子供の目を良くできる可能性はあります♪

ピンホール眼鏡の原理と仕組み

目の断面図

ピンホール眼鏡をかけると、ピント調節のために使う筋肉(毛様体筋)をそこまで使わなくてもピントが合います。

「目をパッチリ開けた状態 VS 目を細めた状態だったら」後者の方がよく見えますよね?

これと同じでピンホール眼鏡をすることで、目を細めた時と同じように良く見えるようになるわけです♪

 

だからメガネをしなくても、ピンホール眼鏡・アイマスクをすればテレビもよく見えるようになります☆

わたしは子供の頃に半年以上、ピンホール眼鏡を愛用してました。

母親に「あんた何やってるの?」と言われながらもガマンして半年以上続けたけど視力は回復しませんでした。残念!

子供の仮性近視には効果がある「かも」しれない

メガネをする小学生

先ほど書いた通りピンホールメガネをかけると、ピント調節に必要な筋肉(毛様体筋)をほとんど使わなくなります。

スマホ、ゲームなど近くを見すぎて、毛様体筋の緊張が続いたためにおこる軽度の近視を「仮性近視」と言います。

ピンホール眼鏡をかけることで毛様体筋を休ませることができるので、子供の目が悪くなりはじめた仮性近視の状態なら効果があるかもしれません。

 

わたしがピンホール眼鏡・アイマスクの両方を試したのは、小学校の高学年だったので手遅れだったのかもしれませんね。すでに小4で眼鏡をかけてましたし(;^ω^)

あなたのお子さんが保育園~小学校低学年で、なおかつ視力が低下してすぐの状態なら、ピンホールメガネで視力回復できる可能性はあります。

ただ多くの場合は、小学校の視力検査でC、D判定を受けてから気付くので、その場合は手遅れかもしれません(;^ω^)

ピンホール眼鏡は効果がないと言ってる人、目が良くなったという人がいる理由はコレでしょうね~

ピンホール眼鏡を使ったトレーニング方法

ピンホールアイマスク

わたしが学生時代に買った視力回復の本には、トレーニング方法+ピンホールアイマスクがセットでついてきました☆

その書籍にどういうトレーニング方法が書いてたのか紹介しますね~

  1. ピンホールアイマスク装着して遠くを3秒間みる
  2. 穴のふちに焦点を合わせて3秒間みる
  3. コレを3分間繰り返す

↑のトレーニングをすることで、毛様体筋が鍛えられるため視力が回復するって仕組みです。

視力回復の本を読んだことがある人は「アレ?」と思ったかもしれません。遠くを見る、近くを見るを繰り返すってことは?

そうです、遠近トレーニング法と同じことになります。なのでピンホール眼鏡がなくってもトレーニングできるんですよね(汗)

くわしくは「視力回復の遠近トレーニング法のやり方」で書いてます♪

 

まとめ

小学生の子供にピンホール眼鏡をかけさせて、視力回復効果があるのかまとめます♪

  • 私は効果がなかった
  • 毛様体筋を休ませることはできる
  • 仮性近視の子供なら望みはある
  • ピンホール眼鏡なしでもトレーニングできる

わたしが小学生のときにピンホール眼鏡を半年以上かけた時は、まったくと言っていいほど効果がなかったです☆

しかし毛様体筋を休ませることはできるので、仮性近視のお子さんなら効果があるかもしれません。

ただあまり期待せずに、少し試してみて効果がないと思ったら、別の方法にシフトチェンジした方がいいですね(;’∀’)

 

ピンホール眼鏡を使ったトレーニング方法は、遠くをみる、穴のふちを見るの繰り返しです。

勘のよいお母さんはわかると思いますが、遠近トレーニング法と原理は同じなので、ピンホールメガネがなくってもトレーニングできます。

ピンホール眼鏡は毛様体筋(もうようたいきん)を休めるために使い、遠近トレーニング法も追加でやると視力回復しやすくなりますよ(*´▽`*)

子どもの視力を回復させたいお母さん限定!

我が子が学校の視力検査でD判定を受けた…まだ小さいのにメガネなんてかわいそう。そんな悩みを持つママさんだけ読んでください。

小学の視力測定でC判定を受けた小1の息子も、アイトレーニングコンプリートキットのおかげでA判定になりました!

田中謹也アイトレーニングコンプリートキット

ここだけの話ですがマニュアルを買う前は「怪しい…」、「本当に効果があるの?」と思いました。

しかし勇気を出してアイトレーニングキットを購入した結果、子どもの目は良くなり、視力測定でA判定になりました(*´▽`*)

180日間の返金保証もあったので、安心感があったと言うのもあります。


お子さん視力が回復すれば小学校で「やーい、メガネ!」とからかわれたり、プールで歩けないほど不便な状態になったり、サッカーのボールが当たって眼鏡が壊れることもなくなります。

また重度近視(0.1以下)だと、網膜はく離・緑内障になりやすく、失明の恐れがあります。


遠近ストレッチ・アイストレッチ・ブロックストリングでのトレーニングを続けるだけで、お子さんの視力がグーンとアップ!

視力回復センターに通う費用もかかりませんし、レーシック手術をするための高額な費用もかかりません。毎年メガネを買い替えたり、コンタクトレンズを買う必要もなくなります。

くわしくは公式サイトに書かれてますので、目の悪いお子さんがいるお母さんはチェックしてくださいね♪

⇒アイトレーニングの口コミはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ