眼底出血の6つの症状と原因と治療方法

眼底出血した女性

眼底出血(がんていしゅっけつ)は黒目の奥にある「眼底から出血をおこした状態」です。

出血量が少ないと自覚症状がありませんし、鏡を見てもわからないため、自分では気付かないことが多く、病院で眼底検査をしたときに発覚することが多いです。

そこで今回は眼底出血の症状と原因と治療方法について解説させていただきます♪

眼底出血の6つの症状

症状
  • 視力低下
  • かすんで見える
  • ゆがんで見える
  • 視野の一部が欠ける
  • 黒い点、透明な物体が見える
  • 色の判別がしずらくなる

 

主な症状は上の6つがあり、日本人の多くは目が悪く、眼鏡・コンタクトレンズを使ってるので視力低下では判断できませんし、かすみ・疲れ目もパソコンやスマホの利用が多いとなりがちです(;^ω^)

また視野が欠ける病気は緑内障、黒い点・透明な物体が見えるのは飛蚊症と同じ症状なので、眼底出血とは気付かないことがあります。

会社の健康診断で眼底検査をやったときに発覚することもありますし、眼科にいけば眼底検査をやってもらえますので、上に書いた症状がある方は病院にいくことをオススメします^^

眼底出血の原因

はてなマークの子連れ主婦

眼底出血は網膜の表面にある血管が破裂、詰まることが原因でなります。

目の血管はめちゃくちゃ細いので、出血する場所によってはそこまでダメージはないのですが、網膜の中心部分だと目にとって大切な部分になるので、重度の視力障害・失明になる可能性があります。

それではなぜ目の血管が破れたり、詰まるのか? 以下のような原因があります☆

原因
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 加齢黄斑変性
  • 白血病
  • 外傷

 

糖尿病になると血管がもろくなるし、高血圧・高脂血症になると血管が詰まりやすくなるため、眼底出血が起きやすくなります(;^ω^)

これらの病気や加齢黄斑変性は中高年以上でなることが多いため、眼底出血は年を取ってからなることが多いです。

また目の血流が悪くなっていたり、会社のストレスが原因で発症することもあるので注意が必要です。

ただ子供でも事故によるケガが原因で眼底出血になることもあるので、目をケガしたときは素人判断せずに病院でみてもらった方がいいですね☆

眼底出血の治療方法

医者

先ほど書いたとおり糖尿病・高血圧・高脂血症が原因である可能性があるため、これらの病気がある場合はそちらの症状を改善することからスタートします☆

高血圧・高脂血症はダイエットすることで改善されることが多いため、病院の医師からはウォーキングを勧められることが多いです(ランニングは膝に負担が大きいため)

太っていると眼底出血になるリスクが上がるため、運動のほかにも食生活の改善、規則正しい生活をするように言われることもあります。

 

出血が小さい場合は1~3ヶ月で自然に吸収されますし、薬の内服・点滴によって出血がひくのを待つこともあります。

網膜の浮腫(ふしゅ)を除去するために注射による治療をすることもあれば、レーザー治療をしたり、硝子体(しょうしたい)手術を行うこともあります(;^ω^)

再出血をすることがあるため、治療が長期間することもある目の病気となっています。一度、処置をすれば治るならいいんですけどね…

眼底検査を受けて異常が見つかれば、眼科の先生が今後について説明してくれますので、目に異常を感じたら病院に行った方がいいですね☆

まとめ

眼底出血の6つの症状と原因と治療方法についてまとめます。

  • 自覚症状は視力低下、かすみ、ゆがみ、視野の欠けなど
  • 眼底出血と気付かないことが多い
  • 検査をして初めて発覚する
  • 高血圧、高脂血症、ケガなどが原因
  • 運動不足解消、生活習慣を改善すべし

眼底出血は視力低下、かすみ、ゆがみ、視野の一部の欠ける、黒い点が見える、色の判別が難しくなるといった症状が出ます。

「ちょっと目が疲れてるな…」と思うことはあっても、わざわざ眼科に行こうと思う人は少ないため、健康診断で眼底検査をしないと分からないことがあります。

原因としては高血圧・高脂血症・加齢黄斑変性・白血病・糖尿病・ケガなどがあり、運動不足や生活習慣の乱れ、仕事のストレスが関係してることもありますね(;’∀’)

出血が少ない場合は自然治癒しますし、薬の服用・点滴で改善することもあれば、レーザー治療、手術になるケースもあります。

定期的に運動をしたり、食生活を改善するだけでも良くなることがありますが、基本的には眼科の先生の指示に従うようにしましょう☆

子どもの視力を回復させたいお母さん限定!

我が子が学校の視力検査でD判定を受けた…まだ小さいのにメガネなんてかわいそう。そんな悩みを持つママさんだけ読んでください。

小学の視力測定でC判定を受けた小1の息子も、アイトレーニングコンプリートキットのおかげでA判定になりました!

田中謹也アイトレーニングコンプリートキット

ここだけの話ですがマニュアルを買う前は「怪しい…」、「本当に効果があるの?」と思いました。

しかし勇気を出してアイトレーニングキットを購入した結果、子どもの目は良くなり、視力測定でA判定になりました(*´▽`*)

180日間の返金保証もあったので、安心感があったと言うのもあります。


お子さん視力が回復すれば小学校で「やーい、メガネ!」とからかわれたり、プールで歩けないほど不便な状態になったり、サッカーのボールが当たって眼鏡が壊れることもなくなります。

また重度近視(0.1以下)だと、網膜はく離・緑内障になりやすく、失明の恐れがあります。


遠近ストレッチ・アイストレッチ・ブロックストリングでのトレーニングを続けるだけで、お子さんの視力がグーンとアップ!

視力回復センターに通う費用もかかりませんし、レーシック手術をするための高額な費用もかかりません。毎年メガネを買い替えたり、コンタクトレンズを買う必要もなくなります。

くわしくは公式サイトに書かれてますので、目の悪いお子さんがいるお母さんはチェックしてくださいね♪

⇒アイトレーニングの口コミはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ