眼精疲労と疲れ目で眼科を受診して目薬で治療

目が痛い女性

「眼精疲労、疲れ目がヒドイ。なんだか最近、目どころか頭も痛くなってきたし見えずらい…」

パソコン作業、スマホを見ることが多いせいか、目が痛くなることがあり、ぐっすり眠っても回復しないことがあります(目がショボショボする)

市販の目薬もいろいろと試したのですが、点眼してしばらくすると効き目がなくなってくるので、「目の病気かもしれない」と思って眼科に行きました。

眼科での受診の流れ

医者

どこの病院に行くかもよるのでしょうが、わたしが行った病院では1時間ほど待たされました。

メガネ・コンタクトレンズの処方箋をもらう子供、若者から、目の病気に悩む中高年の方まで幅広い年齢の人がおり、思った以上に待ち時間が長かったです…

まずは視力検査をして、そのあとに医師の診察を受けて目に傷がないか確認してもらい、目薬を処方してもらいました。

待ち時間を含めるとトータルで1時間30分くらいかかっており、料金は約2000円でした(初診だったので再診ならもっと安いと思います)

眼精疲労・疲れ目の原因

眼鏡屋の店員

わたしの場合、パソコン・スマートフォンの見すぎもありますが、「眼鏡の度数が強く、過矯正になってる」病院の先生に言われました。

お店にもよるのですが、店員さんの判断でワザと度数が強いレンズで眼鏡を作ることがあるようです(わたしは某大手メガネ店で作りました)

なぜなら度数が強いレンズを作ることで近視が進行するため、お客さんは定期的にメガネを買いかえるためお店は儲かるからです。

 

なので「メガネ屋さんで視力検査をするのではなく、眼科で処方箋をだして、その度数で作ってもらった方がいい」と眼科医に言われました。

「ただいきなりメガネを買い替えるのは、金銭的にも厳しいでしょうから目薬をだしておきます」と言われ、「目薬でも改善しないならメガネの度数を落とすため、処方箋をもらいに眼科にきてください」と言われました。

ミオピン点眼液をもらう

ミオピン点眼液

ミオピン点眼液という、ピント調整の筋肉(毛様体筋)をやわらげる薬をもらいました。

子供の仮性近視で処方される、ミドリンMに名前が似てることからわかるように効果効能も似ています。

くわしくは「ミオピン点眼液は視力回復の効果と副作用がある?」で書いてますので読んでくださいね♪

 

ミオピン点眼液をさしたときは良い感じで、市販の目薬より効いてるような気はするんですが、しばらくすると効果効能がなくなってくるのは同じですね(;’∀’)

目薬で眼精疲労が治療できたら最高なんですけど、それでよくなるほど世の中は甘くないようです…

パソコン・スマホ・テレビを見ないようにするのが一番なんですが、それが出来たら苦労しないんですよね。目に悪いとわかってはいるのですが止められないですねぇ。

まとめ

眼精疲労と疲れ目で眼科にを受診して目薬で治療についてまとめます。

  • 眼科にいくと目の検査・薬を処方してくれる
  • 病院にもよるが料金は2000円くらい
  • 待ち時間が長いので余裕を持っていくべし
  • ミオピン点眼液をさしても眼精疲労は治らない
  • 根本的な原因を改善しないとダメ

眼科にいくと目の検査をしたあと、目薬を処方してくれます。

病院によって料金・待ち時間は違いますが、わたしが行ったところでは受診料が2000円くらいで、待ち時間+検査で1時間半かかりました。

ミオピン点眼液を処方してもらい、点眼してしばらくは良い感じなんですが、市販の目薬と同じでずーーっと効果が続くことはないので、しばらくすると疲れ目の症状が出ます。

結局のところスマホ・パソコン・テレビの見すぎを止めないといけない、根本的な原因である生活環境を改善しないとダメなんですよね…わかってはいるのですがなかなか難しいです(;^ω^)

 

その後、体の外側から治すのが無理なら、体の内側から改善しようってことで、自分に合ったブルーベリーサプリを探す旅にでます(笑)

くわしくは「ブルーベリーサプリメント使い比べ体感ランキング」を読んでくださいね♪

子どもの視力を回復させたいお母さん限定!

我が子が学校の視力検査でD判定を受けた…まだ小さいのにメガネなんてかわいそう。そんな悩みを持つママさんだけ読んでください。

小学の視力測定でC判定を受けた小1の息子も、アイトレーニングコンプリートキットのおかげでA判定になりました!

田中謹也アイトレーニングコンプリートキット

ここだけの話ですがマニュアルを買う前は「怪しい…」、「本当に効果があるの?」と思いました。

しかし勇気を出してアイトレーニングキットを購入した結果、子どもの目は良くなり、視力測定でA判定になりました(*´▽`*)

180日間の返金保証もあったので、安心感があったと言うのもあります。


お子さん視力が回復すれば小学校で「やーい、メガネ!」とからかわれたり、プールで歩けないほど不便な状態になったり、サッカーのボールが当たって眼鏡が壊れることもなくなります。

また重度近視(0.1以下)だと、網膜はく離・緑内障になりやすく、失明の恐れがあります。


遠近ストレッチ・アイストレッチ・ブロックストリングでのトレーニングを続けるだけで、お子さんの視力がグーンとアップ!

視力回復センターに通う費用もかかりませんし、レーシック手術をするための高額な費用もかかりません。毎年メガネを買い替えたり、コンタクトレンズを買う必要もなくなります。

くわしくは公式サイトに書かれてますので、目の悪いお子さんがいるお母さんはチェックしてくださいね♪

⇒アイトレーニングの口コミはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ