ドライアイでヒアレイン点眼液0.3%とジクアスを処方

ヒアレイン点眼液0.3%

「ドライアイに悩まされ眼科にいったらヒアレイン点眼液0.1%を処方された」

ヒアレイン点眼液はシェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、ドライアイなどの内因性疾患、術後、薬剤性、外傷、コンタクトレンズ装用などによる外因性疾患に伴う角結膜上皮障害の治療で処方されます。

最初は0.1%が処方されるのですが、効果がイマイチだとヒアルロン酸の比率が3倍になった、ヒアレイン点眼液0.3%が処方されます。

商品説明
  • 薬価 617.90円
  • 内容量 5ml
  • 用法用量 1回1滴、1日5~6回点眼
  • 成分・分量 精製ヒアルロン酸ナトリウム0.3%
  • 第3類医薬品

 

※2017年9月25日時点の情報です

 

ちなみにソフトコンタクトレンズ装用時の点眼はNGです。

副作用としてかゆみ・眼刺激感・結膜充血・眼瞼炎(まぶたのただれ)が出る可能性があるため、症状が出たときは病院の医師・薬剤師に相談してください。

ジクアスも処方してもらえる

ヒアレイン点眼液0.3%は涙の乾燥を防ぐ効果があり、涙の量・質を改善する「ジクアス」という目薬もあります。

ヒアレイン点眼液はヒアルロン酸が入っており、分子内の水を保持してくれるため、「目を保水してくれる=ドライアイの乾燥感が和らぐ」わけです。

ジクアスはムチン、水の分泌をうながすことで、涙の量・質を改善することができます。

 

最初はヒアレイン点眼液0.1%を処方され、効果効能がイマイチだったので病院の医者が「効き目が悪いようなので0.3%を処方しておきます」と言われました。

そのあとネットでジクアス点眼液3%のことを知ったので、眼科の先生に「試してみたい」と言ったところ、そちらも処方してくれるようになりました。

目薬以外のアプローチも大切

女性

こんにちは、視力回復マスターのめぐみです☆

ドライアイは部屋の乾燥を防いだり、蒸しタオルで目を温めて血行不良を改善したり、パソコン・スマホ画面を見る頻度を減らしたり、ストレス解消をすることで良くなると言われます。

仕事の関係上、パソコンを見る時間を減らしたり、職場に加湿器を置くのは難しいかもしれませんが、画面を見るときの前かがみ姿勢を直すだけでも血行不良は改善されます。

また運動不足になると血行不良になりやすいので、エスカレーターではなく階段を使ったり、1日20~30分でいいのでウォーキングをするようにしましょう(一駅前で降りて、歩いていくのも効果的)

蒸しタオル、目のツボについては「自宅で視力回復トレーニングをした結果」の中で解説してますので、そちらを読んでくださいね♪

 

ストレスが溜まると涙が出にくくなるし、全身の血行も悪くなるのでドライアイになりやすくなるのですが、仕事のストレスって改善が難しいんですよね…転職するわけにもいきませんし(;^ω^)

食事による治療ならブルーベリーに含まれるアントシアニン、ニンジン・かぼちゃ・小松菜などに含まれるビタミンA、青魚にふくまれるDHA・EPAも効果的です。

さいきんでは目に良い成分をまとめて取れるサプリもありますので、くわしく知りたい方は「ブルーベリーサプリメント使い比べランキング」を読んでくださいね♪

子どもの視力を回復させたいお母さん限定!

我が子が学校の視力検査でD判定を受けた…まだ小さいのにメガネなんてかわいそう。そんな悩みを持つママさんだけ読んでください。

小学の視力測定でC判定を受けた小1の息子も、アイトレーニングコンプリートキットのおかげでA判定になりました!

田中謹也アイトレーニングコンプリートキット

ここだけの話ですがマニュアルを買う前は「怪しい…」、「本当に効果があるの?」と思いました。

しかし勇気を出してアイトレーニングキットを購入した結果、子どもの目は良くなり、視力測定でA判定になりました(*´▽`*)

180日間の返金保証もあったので、安心感があったと言うのもあります。


お子さん視力が回復すれば小学校で「やーい、メガネ!」とからかわれたり、プールで歩けないほど不便な状態になったり、サッカーのボールが当たって眼鏡が壊れることもなくなります。

また重度近視(0.1以下)だと、網膜はく離・緑内障になりやすく、失明の恐れがあります。


遠近ストレッチ・アイストレッチ・ブロックストリングでのトレーニングを続けるだけで、お子さんの視力がグーンとアップ!

視力回復センターに通う費用もかかりませんし、レーシック手術をするための高額な費用もかかりません。毎年メガネを買い替えたり、コンタクトレンズを買う必要もなくなります。

くわしくは公式サイトに書かれてますので、目の悪いお子さんがいるお母さんはチェックしてくださいね♪

⇒アイトレーニングの口コミはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ