ファンケルのブルーベリーの効果と口コミレビュー

ファンケルブルーベリー

「ファンケルのブルーベリーを自腹で買った効果を口コミレビュー!」

こんにちは、視力回復マスターのめぐみです(*´▽`*)

薬局でファンケルのブルーベリーサプリメント(60日分)を購入、ガチで飲んでみた口コミ・感想を書いていきます☆

商品の特徴とメリット・デメリット

価格 1018円
ブルーベリーエキス 160mg
ルテイン 0mg
内容量 60粒(30日分)
1日の摂取量 2粒
1日あたり 33.9円

※2017年7月10日現在

ファンケルのブルーベリー(60粒)は、名前のとおり大手メーカーのFANCLが発売してるサプリメントになります♪

カシスエキス20mgも配合されてますが、目に良いサポート成分であるルテイン・ビタミンなどは含まれてません。

ファンケルのブルーベリー

FANCLのブルーベリーは丸型タブレットで大きさは約8mmです。

うちの子供(小学生1年生)は飲むのを嫌がりますが、大人が飲むならまったく問題のない大きさになります☆

 

噛んだときに味がないなら子供でも食べれると思い、試しに噛んでみたのですが、超まずかったので間違っても噛まないでください(;^ω^)

飲み方は水・ぬるま湯で飲みます。風邪薬と同じように噛まずに飲んでくださいね♪

袋を開けたときに変なニオイもしませんし、口に入れたときに無味なので安心して飲むことができます^^

ココだけの話、効果はよくわからなかった

汗をたらす子連れの母親

ファンケルのブルーベリーを飲みましたが視力が回復することはなかったですし、疲れ目・眼精疲労が改善したのかよくわからなかったです。

視力が回復すればまだしも、疲れ目・かすみ・ぼやけ・見えずらいなどの症状は体感レベルになるので、本当に効果があるか実感しずらいので仕方ないところはあります(;^ω^)

 

同じく大手メーカーであるDHCのブルーベリーエキスは、ブルーベリー(ビルベリー)エキスが170mgなので、ファンケルの商品より10mg多くなります。

価格的にもややDHCの方が安いので、効果効能・コスパを考えるとファンケルを選ぶべきかどうか悩むところです(;^ω^)

ファンケルのブルーベリーには、パッケージに合成着色料・香料・保存料すべて無添加と書かれてるので、安全性はコチラの方が高そうですが。。

DHCのサプリメントについては「DHCブルーベリーエキスと速攻ブルーベリーの効果を比較」を読んでくださいね♪

 

アレルギーや薬を飲んでる人は注意

ショックを受けるネコ

原材料にビルベリーエキス・でんぷん・カシスエキス・セルロース・ショ糖エステル・シェラックが使われてます☆

上記に食品アレルギーがある人は、飲まないように裏面の注意書きに書いてました。

あと薬を服用してる、通院中の方はお医者さんと相談して飲むか決めるように書かれていました(;^ω^)

中高年以上になると定期的に病院に通ってる方も増えてきますので、不安を感じるなら別の商品を選ぶことをオススメします。

ファンケルのブルーベリーを飲んでみて

わたしは飲み続けましたが効果があるような、ないような…よくわからないと言うのが本音です(;^ω^)

飲んだら視力がグーンと回復すればわかりやすいのですが、そこまでの効果効能をブルーベリーサプリメントに求めることが間違ってますので、期待しすぎないようにしましょう。

大手ブランドという安心感・価格ともにDHCと似てるところがあるため、どちらを選ぶか迷うところです。

ただFANCLのブルーベリーサプリメントには合成着色料・香料・保存料すべて無添加と書かれてるので、添加物が気になるならファンケルのほうが良いですね^^

DHCのサプリメントについては「DHCブルーベリーエキスと速攻ブルーベリーの効果を比較」を読んでくださいね♪

 

▼大人向けブルーベリーサプリのランキング▼

ランキングボタン

子どもの視力を回復させたいお母さん限定!

我が子が学校の視力検査でD判定を受けた…まだ小さいのにメガネなんてかわいそう。そんな悩みを持つママさんだけ読んでください。

小学の視力測定でC判定を受けた小1の息子も、アイトレーニングコンプリートキットのおかげでA判定になりました!

田中謹也アイトレーニングコンプリートキット

ここだけの話ですがマニュアルを買う前は「怪しい…」、「本当に効果があるの?」と思いました。

しかし勇気を出してアイトレーニングキットを購入した結果、子どもの目は良くなり、視力測定でA判定になりました(*´▽`*)

180日間の返金保証もあったので、安心感があったと言うのもあります。


お子さん視力が回復すれば小学校で「やーい、メガネ!」とからかわれたり、プールで歩けないほど不便な状態になったり、サッカーのボールが当たって眼鏡が壊れることもなくなります。

また重度近視(0.1以下)だと、網膜はく離・緑内障になりやすく、失明の恐れがあります。


遠近ストレッチ・アイストレッチ・ブロックストリングでのトレーニングを続けるだけで、お子さんの視力がグーンとアップ!

視力回復センターに通う費用もかかりませんし、レーシック手術をするための高額な費用もかかりません。毎年メガネを買い替えたり、コンタクトレンズを買う必要もなくなります。

くわしくは公式サイトに書かれてますので、目の悪いお子さんがいるお母さんはチェックしてくださいね♪

⇒アイトレーニングの口コミはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ